試験研究施設

低料金で自由に利用できる試験研究機器を備えた施設です。
機器の利用・指導・データ解析のみでなく、バイオテクノロジー、素材等各分野の専門のスタッフによる研究・技術開発に対する支援体制も整えています。

設備詳細

PDFファイルをご覧になる場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダーが必要です。詳しくはホームページをご覧ください。
  アクロバットリーダーダウンロードページへ >> ダウンロード

オープン・ラボ導入機器の紹介

オープン・ラボに導入されている主な機器をご紹介いたします。
下記の装置は、利用を開放し、研究開発等の評価ツールとして活用して頂くことを目的としております。
皆様のご利用をお待ちしております。

使用別分類分析機器名主な用途
形態観察デジタルマイクロスコープ試料・検体を拡大することで、表面の構造を直接観察(カラー)することができます。より微小な構造を観察する場合は、電子線マイクロアナライザーの走査型顕微鏡(白黒)を使用します。
実体顕微鏡
生物顕微鏡
分子分光分析フーリエ変換赤外分析装置
(FT-IR)
試料がもつ特定の波長を吸収/反射する特性を測定することで、物質の推定(同定)や、試料に含まれる特定物質の濃度などを調べることができます。
フーリエ変換赤外分析装置
(顕微IR)
紫外可視分光光度計
熱分析示差熱重量同時測定装置
(TG/DTA)
試料が持つ熱的物性に関する情報を得ることができます。
示差走査熱量計
(DSC)
元素分析電子線マイクロアナライザー
(EPMA)
試料の元素組成に関する情報を得ることができます。
エネルギー分散型蛍光X線分析装置(EDX)
(EDX)
高周波誘導結合プラズマ質量分析計
(ICP-MS)
分離分析ガスクロマトグラフ
(GC)
試料を分離・精製することで、混在している様々な化合物の組成分析や定量分析を行うことができます。
ガスクロマトグラフ-質量分析装置
(GC-MS)
超高速液体クロマトグラフ
(UHPLC)
高速液体クロマトグラフ
(HPLC)
分取用高速液体クロマトグラフ
(HPLC)
液体クロマトグラフ-質量分析装置
(LC-MS)
キャピラリー電気泳動装置
(CE)
試料の前処理マイクロウェーブ分解装置分析装置に合った試料の前処理を行ない、分析に供します。
マッフル炉
回転式ミクロトーム
凍結乾燥機
培養90Lジャーファメンター各種サイズで微生物の培養を行うことができます。
低温インキュベータ
ゴム関連万能試験装置(オートグラフ)ゴムの配合や練り、試料作成、評価試験を行うことができます。
ゴムロール
ニーダー
キュラストメーター
テストプレス機
ギヤー老化試験機
アクロン磨耗試験機
試料研磨機
バイオ関連-1核酸抽出装置核酸やタンパク質等の分析を行うことができます。
PCR装置
核酸電気泳動装置
DNAシーケンサー
プロテインシーケンサー
ゲル撮影装置
マイクロプレートリーダー
バイオ関連-2オートクレーブその他、試料の水分量測定や遠心分離を行う機器などを取りそろえております。
カールフィッシャー水分計
高速大容量冷却遠心分離機
高速冷却遠心分離機
超純水製造装置
その他の機器その他の機器もございますので、
機器料金表のリストを
是非ご覧ください。
オープン・ラボ設備及び使用料金一覧
久留米リサーチ・パークで対応していない機器に関しましては「九州イノベーション創出促進協議会」のホームページをご参照ください。
九州イノベーション創出促進協議会
※九州各県の工業技術センターや大学、専門学校等にある開放機器を検索することができます。

↑ ページの上部へ

■研究開発部 オープン・ラボ TEL:0942-37-6150 FAX:0942-37-6119