マコモタケ収穫祭が開催されました


マコモタケ収穫祭が開催されました  平成20年10月13日 道の駅くるめ
 久留米初、マコモタケ収穫祭が10月13日(祝)道の駅くるめにて開催されました。
県内でのマコモタケ栽培は初めての取り組みで、当日は久留米市、筑紫野市で収穫されたマコモタケの特売や試食コーナー、テレビの中継などもあり大変賑わいました。
マコモタケは肉質が柔らかく、白色、微かに芳香と甘みを持っています。料理では酢の物、天ぷら、混ぜご飯、炒め物、漬物などいろいろな食べ方があります。
また、マコモタケは便秘や二日酔い、熱冷ましなどの効能があるといわれおり、健康野菜として最近注目されている食材です。
主催 (株)メディック・メディアエコロジープロジェクト
    久留米市合川町1488-4 福岡バイオファクトリー
    TEL 0942-33-2600

RKB毎日放送「今日感テレビ」番組内ニュースコーナーにて「マコモタケ」が紹介されました!


マコモタケ収穫祭の様子です!


マコモタケの成長記録

平成20年6月24日(22日植付)

平成20年7月13日

平成20年7月27日

平成20年9月8日

収穫期になったマコモタケ10月4日

収穫したマコモタケ10月4日


生で良し、炒めて良し、焼いて良し、煮物で良し、漬物で良し美味しさ、料理のしやすさ、用途の広い、 健康野菜です。 長期保存・・・まとめ買いしても冷凍して小出し利用できます。外葉をはがさずにビニールで覆い、5℃で保存すれば1週間程度は鮮度を保てます。※収穫期の末になるとマコモタケが成熟し、黒穂菌 (黒い斑点) が見える様になります。マコモタケの正体である黒穂菌が顕在化したもので全く無害です。


マコモの生け花です



↑ ページの上部へ

■久留米リサーチ・パーク TEL:0942-37-6111(代表)