平成24年度バイオ技術者養成講座(中級)分析化学コースⅡを修了致しました

平成25年2月7日~平成25年2月8日の期間で標記講座を終了致しました。ご参加ありがとうございました。

開催期間:平成25年2月7日(木)~平成25年2月8日(金)
時間:10:00~17:00
場所:久留米リサーチセンタービル 研究棟1F
実施内容:機器分析や精度管理に関する技術の習得
分析操作、分析法バリデーションの考え方を学ぶ
・JIS K-450-20-10(2006) 工業用水・工場排水中のアルキルフェノール類試験方法を参考に前処理及び分析方法を理解する。
・JIS K-450-20-10(2006) 工業用水・工場排水中のアルキルフェノール類試験方法を参考に前処理及び分析方法を理解する。
・分析法の妥当性評価を行う。
①特異性の確認、②直線性の評価(検量線の作成)、③定量下限(LOQ)の算出、④真度の評価、⑤併行精度の評価、⑥測定対象物質の同定。
受講者数:6名

実習に関して、「バリデーションに必要とされるデータがどのようなものかがわかった。」「同じ成分を別の方法で回収したときの違いがわかった。」等、評価を頂きました。


講義風景



実習風景
 

 

リンク先:久留米バイオカレッジ


↑ ページの上部へ

■久留米リサーチ・パーク TEL:0942-37-6111(代表)