平成29年度「くるめ品質工学講座」開催のご案内

品質工学は田口玄一博士により、実験計画法を発展させ創設、体系化された技術開発の方法論で、1980年代に米国の自動車業界を中心に普及し、海外では「タグチメソッド」、日本では「品質工学」と呼ばれています。技術開発、品質向上において不可欠な手法と考え方として、自動車産業をはじめとする多くの産業分野、企業にて活用される一方で、概念や専門用語、計算が難解なため初心者には敷居が高い、とっつきにくいものというイメージがあり、なかなか普及が進まないという一面もあります。
本講座では、品質工学の概要についての講義に加え、演習、事例紹介を行うことで実践的な手法として品質工学を学んで頂きます。品質工学の習得には実践が不可欠であり、講座後半では自社の技術課題を解決するための実験計画を作成し、実験の実施、結果の解析に至るまでを約5ヶ月のスケジュールで実施します。
個別指導による実践経験を積むことで、実務に適用できるレベルまでの習得を目指します。

【講師】 (一社)佐賀県計量協会 専務理事 田中 久 氏
(九州大学・久留米高専 非常勤講師、(国研)産業技術総合研究所イノベーションコーディネータ)

【日程】  平成29年9月20日(水) ~ 平成30年2月14日(水) 全5日間

【対象者】 自社の技術課題を有し、品質工学を用いて解決したい技術者及び管理者など
      ※全日程に参加可能な方。 

【場所】   久留米リサーチセンタービル 研修室E

【定員】 10名(定員になり次第締め切らせていただきます。)
     *自社の課題に取り組む演習を会社ごとに実施して頂きますので2名以上での参加をお勧めします。

【参加料】 15,000円/人(参加費用は、講座初日(9月20日)にご持参ください。)
        オープン・ラボ会員企業の方は2割減免(12,000円)と致します。

【申込方法】   参加申込書に必要事項をご記入の上、メールまたはFAXでお申し込みください。
       申し込み先メールアドレス:nagasaka@krp.ktarn.or.jp
       申し込み先FAX:0942-37-6367

【申込締切日】 平成29年9月8日(金)


お問合せ先  株式会社久留米リサーチ・パーク 研究開発部 長坂
         E-mail::nagasaka@krp.ktarn.or.jp
         TEL.0942-37-6114

添付ファイル:2017開催案内.pdf(175.1KB)

添付ファイル:参加申込書(Word版).doc(141.0KB)


↑ ページの上部へ

■久留米リサーチ・パーク TEL:0942-37-6111(代表)